ダイエットサプリ「ラクビ」には腸内フローラを整える効果があります。
腸内フローラが整えられると便秘が改善され、新陳代謝が活性化するから痩せ体質になります。
ラクビ商品画像
「ラクビを飲んで便秘が改善されるなんて…そのサプリに下剤成分が入っているんじゃないの?」と疑っている方も多いでしょう。
初めてダイエットサプリを飲む方は副作用がないか心配ですよね。

ラクビをいっぱい飲んでも体に害はないのか、危険な副作用を引き起こす可能性はないのか調べてみました。

1 ラクビは飲みすぎても大丈夫?

カプセル

ラクビの目安量は1日1粒です。

しかし、元々お通じが良い人やお腹が弱い人が飲むと下痢・腹痛になる可能性があります。
1粒飲んでも大丈夫だった方も過剰摂取してしまうとお腹がゆるくなることもあります。

牛乳を飲み過ぎてお腹がゆるくなったことはありませんか?
ラクビや牛乳には腸内フローラを良くしてくれる酪酸菌やビフィズス菌が含まれています。
大量に摂取をすると酪酸菌やビフィズス菌がうまく消化・分解ができず、下痢や腹痛になってしまうのです。

早く痩せたいからと言って飲み過ぎは良くありませんね。
たくさん飲んでも早く効果が出るわけではないので、必ず1日の摂取目安量を守りましょう。

 2 ラクビに副作用はあるの?

寝ている女性

ラクビに副作用を引き起こす成分が使われていないか、過剰摂取をするとどんなことが起こるのか詳しく調べてみました。

酪酸菌
→ぬか漬けなどに含まれている菌の1つです。ラクビは1粒1,700万個の酪酸菌が配合されています。長年医薬品に使われいる成分で、安全性も確率されているので副作用は見つからなかったです。念の為、過剰摂取をしないように気をつけた方がいいでしょう。

ビフィズス菌
→酪酸菌と一緒に腸内フローラを整え、余分な脂質や糖質を溜め込みにくくします。善玉菌の一種であるビフィズス菌は腸内環境を良くしてくれる効果がありますが、過剰摂取してしまうと腸内でビタミンHが大量に消費されてしまいます。ビタミンHが大量に消費されると肌荒れや抜け毛、下痢を引き起こす可能性があります。

オリゴ糖
→善玉菌のエサになるので、善玉菌の動きを活性化させ、増やしてくれる効果があります。ただし、量を間違えると腸内の浸透圧が上昇します。
腸内の浸透圧が上昇すると腸管壁が浸透圧を和らげるために水分を出し、便の水分量を増やしてしまうので下痢を引き起こしてしまいます。

サラシアエキス
→悪玉菌を減らし、糖質や脂質の吸収を抑えてくれます。動物にサラシアを過剰摂取させるとどうなるのか実験をしたところ流産が起こったという報告があります。
妊娠中の方はサラシア自体摂取するのを控えた方が良いですね。
またサラシアには血糖値を下げる効果もあるので、血糖降下薬を飲んでいる人もサラシアを摂取するのは控えましょう。

植物性キトサン
→余分な油を吸着し排出してくれる効果があります。食物繊維が豊富に含まれていて、便が柔らかくなるのでお通じが良くなるのですが、過剰摂取をすると下痢になるので注意!

デキストリン
→脂肪燃焼の促進と内臓脂肪を減少させる効果があります。食物繊維の一種なので摂りすぎてしまうと食物繊維が吸収されず下痢になります。

ラクビに含まれている成分を調べた結果、ラクビには体に害がない成分が使われているので過剰摂取をしなければ安心して使えるサプリだとわかりました。

ラクビはGMPに基準した国内工場で作られていて、厚生労働省によって安全性も保証されています。
袋詰めをする前に異物が入っていないか1つ1つ確認しているので、安全性はとても高いです。

それでもラクビを飲んで下痢・腹痛になった場合、考えられる原因は3つあります。

もともとお通じが良い
もともとお腹が弱く、下痢や腹痛になりやすい
ラクビを1日2粒以上飲んでいる

ラクビを飲んでみて下痢や腹痛が続く場合は一旦、使用を中止して様子を見て下さい。
下痢や腹痛が治まった後にもう一度飲んでみて、それでもお腹の調子が悪くなったら、ラクビを使用するのは控えましょう。

アレルギーを引き起こす成分は使われていないのですが、アレルギー持ちの方は成分をよく確認し、かかりつけのお医者さんに相談してから購入することをおすすめします。

 3 まとめ

スマホを見ている女性

ラクビは薬ではなく、栄養補助食品になるため副作用が出る心配はほとんどありません。
下剤成分が使われいないので、飲み過ぎに気をつけていれば安心して摂取できるダイエットサプリです。

使用目安量を1日1粒と守っていれば腸内フローラが整えられて、健康的に痩せることができます。
腸内フローラが良くなってお通じが良くなれば、肌も美しくなりますよ。

飲むだけでやせ体質になるので、ダイエットでお悩みの方に是非、飲んで欲しいサプリです。

→ラクビのページに戻る

おすすめの記事