生活習慣の改善

クリームと手

シミ取りクリームを利用すれば、シミを取ることも、新しく発生するのを防ぐこともできます。
しかし、ただシミ取りクリームに頼るだけではいけません。
シミができてしまうのには、必ず何らかの原因があります。
その原因をなくさないことには、シミ取りクリームの効果も半減してしまいます。

では、実際にどういった原因があるのでしょうか。
例えば、「女性ホルモンの分泌異常」も原因の1つと言われています。
女性は、生理や妊娠、更年期といったことが理由で女性ホルモンの分泌に異常を来してしまうことがあります。

また、このほかにも、代表的なのが「紫外線」ではないでしょうか。
紫外線を浴びすぎると、シミができてしまうのは、誰もが知っていることでしょう。
ですから、若いうちに肌を焼いて紫外線を浴びすぎてしまうと、大人になってからがこわいです。
将来、美肌で居続けたいのであれば、過剰な日焼けは避けるとともに、外出する時は日焼け止めクリームで対策しましょう。

そして、加齢も原因の1つです。
加齢は、誰にも止めることはできません。
歳を重ねた分、日に当たっていた時間も長くなるわけですし、致し方ない点はあります。
しかし、加齢による老化は、進行を遅らせることが可能です。
そのためには、若い時からのスキンケアが大切です。

あとは、ストレスや睡眠不足なども天敵です。
ストレスや睡眠不足は、シミ以外に、ニキビなど肌荒れ・炎症の原因にもなります。
規則正しい生活習慣を送ることで、肌トラブルの根本原因をなくしていきましょう。

ケアのタイミング

鏡を眺める女性

肌には、三段階のターニングポイントがあります。
第一ターニングポイントは20歳。第二ターニングポイントが25歳。そして、第三ターニングポイントが28歳と言われています。
つまり、20代を過ぎ30代~40代になると、肌質がそれまでとまったく違ってきます。
化粧のノリが悪くなったり、しわ・シミ・たるみが気になったりしてきます。
その中でも、こわいのがシミです。

若い時というのは、特にスキンケアをしなくてもピチピチという人も少なくありません。
しかし、化粧を覚え出す時期でもあります。ですから、しっかりと化粧後のケアを行わないといけません。
また、つい夜更かししてしまったり、化粧をしたまま寝てしまったりすることもあるでしょう。
さらに、夏場は肌を焼いていたという人もいるのではないでしょうか。
その時は、シミが目立たなくても、歳を追うごとにシミが目立ってきて「もっと肌に気を使っておけばよかった……」と後悔することにも成り兼ねません。

もし、加齢に伴ってシミが気になってきたのなら、シミ取りクリームを利用しましょう。
シミ取りクリームを利用すれば、気になっていたシミを取ることができるとともに、新たにできるのを防いでくれます。
ただ、シミ取りは、できるだけ早い段階で行なったほうが消えやすいと言われています。
目立つようになってからではなく、気になり出した段階でケアを進めていくのが良いでしょう。

もっと言えば、防止するためにも、シミができる前からケアをしていくのがベストです。

おすすめの記事